瞑想で障害になること

八王子ヨガ瞑想サロン Asahi terre yogaの朝日です。

プレクシャ・メディテーションの師からの教えをお伝えします。

瞑想で障害になることは、「じっとしていられない」、「痛みやしびれがでる」、「眠くなる」。

瞑想を深めるためには、良い姿勢と動かないことが大前提。

身体が完全にリラックスすると、不動の姿勢を継続させることができるようになる。

ただ座るめ、リラックスの自己誘導でストレスが抜け出ていく瞑想法がカヨー・ウッサグ。

ストレスを取り除くのに一番良い瞑想法。

身体が完全にリラックスすると、自分の身体がなくなったような感覚になります。身心分離。肉体と意識が離れ、深く自分を知り、新しい自分を知ることができます。精神世界に入ってく準備ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする